角谷亮レビュー

  • 2017.01.15 Sunday
  • 17:54

NLPer Miyamoto Yuukiです。

 

成功哲学をNLPの枠から研究している
探求者 角谷亮のレビューを探してみました。


ゆっぴーさんの角谷亮レビューより

角谷亮 株式会社proceed のレビュー!

このBMTSプログラムは簡単に言うとこれからビジネスを始める人に向けた塾です!
値段もやはり塾なのでそれなりにもちろん金額もします。


値段は380000円です!


ただ金額を聞いただけでは皆さんは高い!と思われると思いますがここだけはしっかり伝えたいので言いますがインターネットの検索欄に【BMTS】や【BMTSプログラム】と入れて検索してみたことはありますか?


多分このページを見ていただいて知ったと思うので検索したことないと思いますが本当にそんなに悪評は無いです。

ここで比較していただきたいのはほかの高い塾様々な塾形式のものがインフォトップを通じて販売されていますがここまで悪評が無いに等しい商材はないと思います!

 

そうですね。


しっかりし価格の講座ですが、NLPで考えるとリーズナブルですね。


【失敗しない】 NLPスクール選び - 満足できるNLPスクールはどこ?‎を見てみましょう。

 

 

最初の講座で35万〜40万、次の講座でも35万〜40万、最終講座は80万とか。

 


ビジネス心理術を習うので考えると、そのような価格になります。


ゆうかさんの角谷亮評価より

オールインワンプログラム proceed角谷亮の評価は?

トッププレナーとしても、アフィリエイターとしてもインフォトップへランクインできるなんてとてもスゴイですね!


NLPをメインにしたビジネス心理術

 

自己啓発
コピーライティングスキル
ブログアフィリエイト

 

などを学ぶことができます

 

アフィリエイターとしても確固とした実績がある方が
受講特典で収入系ノウハウも提供しているビジネス心理術講座。

 

最高のオールインワン商材であると断言できますね。

 

GWCMなどのライティングノウハウもNLPが土台になっていて最良のものです。

 

目からウロコ、コロンブスの卵的なメソッドですよね。

最高です。

 


福山さんからの角谷亮 評判は?

お休みに勉強するなら、評判の良い角谷亮氏販売のBMTSです。

インターネットビジネスは、教材の費用がほぼほぼ、

30万円くらいが妥当な線です。

 

「それだけ、投資してきちんとリターンがあるのか?」
という声も聞こえてきそうですが、

リターンは確実にありますね。

 

勉強の方法さえ、しっかりしていれば、収益は確実に得られます。

 

そこで、評判のお勧め教材をお伝えいたします。

 

多くの方が、収益を得ることができて
継続してビジネスを展開することができるのが、
BMTSです。


BMTSとは、NLPの用語を使用した、
実際のビジネスでも利用できる方法を、説明しています。

 

 

しっかりした投資と、しっかり実践ですね。

 

購入もせず、予想で評価や評判を言うことはできません。

 

そして、実践もせずに、結果がでないと嘆くのもおかしいです。

 

投資した分、奮起してやるべきです。

 

NLPが土台ですから、失敗しようがありません。

NLPはそのようになっているのですから。

NLPをしっかり学んだ角谷さんがデザインしているプログラムですから安心。

 


購入したら、信じて、言われてた通りの体験を積む。

 

これが、成功への道であると確信しています。


本当に、福山さんのおっしゃるとおりだと思います。
 

感服いたしました。

 

 

 

 

 

角谷亮講師開発のプログラムの評判は?

  • 2017.01.15 Sunday
  • 00:27

ご拝読、誠にありがとうございます。

 

こんばんわ。
Miyamoto YuukiのNLPerブログです。

 


NLP成功哲学者と言える 角谷亮さんを 研究考察してきました。


そんな人が作る成功プログラムの利用者さんは、
どのような評価を下しているのでしょうか?

 

角谷さんの評判を見ましょう。

 

こちらは利用者のカイエンさんという方ですね。


角谷亮のプログラムの評判 学び方・使い方は簡単!

心理術って重要なの?

インターネットビジネスとは言え、

商品や商材を販売する先には人がいます。

その人が欲しいと思わない限り、

あなたの成果になることはありません。

結局は人と人との繋がりなんですね。

だから、相手のことを考えながら

活動していかなければなりません。

相手のことを考えたり、相手の立場になって物事を考えるのに

必要なスキルの一つとして、NLPがあります。

 

そうですね。
やっぱりNLPがいいと思います。

 

ビジネスは、結局は人と人。

コミュニケーション力が結果を左右しますよね。

 

 

次は、利用者のさっとさんという方

 

最近評判のBMTSプログラムを主宰している角谷亮さんって何者?

実際、心理学を教えるレベルになるためには、かなりの学習を要します。


この角谷亮さんは、NLPをベースとしてBMTSプログラムを作っています。
NLPを学ぶために何百万、何千万と投資なさっています。
ちなみに、NLPを開発した方から直接指導を受けたりもしています。


本物の心理術を体得しているといえますね。


心理学やそういうものをかじった事のある方ならわかると思いますが、用語が難解すぎて原理原則を学ぶ以前の下地の部分がめんどくさいというのがありますよね?


角谷さんは専門的な知識をもとに、できるだけ学習の障壁を低く、そして効果が高まるように設計されている様ですね。


それは、受講している方の多くが、右肩上がりに成果を伸ばされている事で、なぜ評判がいいのかがうかがい知れます。

 

その通りですね。


やはり、そこまでしっかりNLPを学ばれている角谷講師だからという所がポイントですね。

 

利用者さんの評価を見ていると、それを随所に感じることができます。

 

指導するのも、人と人のつながりですから、
結局は、コミュニケーションのひとつ。

 

そうなるとNLPを学んでいることは強みです。

 


つづいての評判について情報はこちら


角谷亮氏のBMTSの評判

参加者さんから、すごく評判が良く、何よりも、取り組んでいるときの成果の声がたくさん、というのが、その素晴らしさを物語っていますね!!

ビジネス心理術を学ぶ講座で、目からうろこがたくさん落ちます。

よく、マインドうんぬんが語られることがありますが、
ノウハウだけではうまくいかないことは、みなさんご存知でしょう!

 

マインド×ノウハウが大切ですね。

 

ノウハウだけだと、成果をだせない人が意外多かったりするみたいですよ。

 

マインドは土台。

土台がない上にも、何も積み重ねらないですから。

 

 


NLPper Miyamoto Yuuki ここまでお届けしました。

 

ありがとうございます。

 

また、角谷さんのことを見つけたら取上げてみますね。
 

NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の七 「ラベル化、焦点化、判断」

  • 2017.01.13 Friday
  • 16:00

こんばんわ。
NLPer Miyamoto Yuukiです。

 

成功哲学をNLPフレームで研究する角谷氏。

彼の評判を見つけました。


角谷亮氏が販売しているBMTSは実際稼げた | さやっち塾公式ブログ

 

提供しているもので、その利用者から、こんな素敵な声がでるのは嬉しいですし、

声をいただかなくても、成果を出されているということは喜ばしいことですね!


何よりも楽しそう。

 

プログラムのコンテンツもさることながら、その学習環境の演出が素晴らしい。

 

共に学ぶ仲間と。

 

この思想は、学習効果の面から見ても良いものと断定できます。

 

 

 

前回からの続きです。

 

NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の七 「ラベル化、焦点化、判断」

 

人はラベル化したものに焦点が当たり判断を下します。
その焦点化は、人それぞれの概念が影響しています。
何に焦点化するかは、その人がもつ概念によるということです。

まずは、それを知り、尊重すること。
そして、トレーナーはフレーミングにより焦点が変化することを知れば、複数の焦点の可能性を示すことができるのです。

トレーナーはラベル付けの可能性の広がりを示し、意味づけの変更を促すこともできます。
経験の意味づけを変更することにより、人の行動も変化します。

参加者に、望む方向へ変化をガイドできるのもトレーナーなのです。


参加者の思考と行動を柔軟性、創造性、可能性のあるものにするために、チャンクアップ、チャンクダウン、水平チャンクを利用します。

個人の体験、小グループの体験、大グループの体験、プレゼンテーションの準備で起こる要約の作業、発表によるフィードバック、それらさまざまな体験を通じて学びを深めます。

それは、体験を統合するプロセスなのです。


私達トレーナーは、「トレーナーとは?」、「学びとは?」、「トレーニングとは?」ということを知り、参加者が望む方向にガイドします。

それが、トレーナーとしての役割なのです。

その役割を達成するために、あらゆる知識、経験、情熱を持ち、トレーニングを参加者の望ましい変化のためにデザインしていきます。

トレーナーとして、常に学びの姿勢を持ち、柔軟で、人に深い関心を向け人間成長を怠らない人でありたい。

トレーニングは、いつまでも発展していき完成はなく、参加者にとって深い学びの場にデザインされ続けるものでありたい。
そう感じます。

 


角谷亮講師は、グループ活動という設計において、
このようなバックグランドもあったと思われます。

 

チャンキングや知覚差から学ぶことも、グループ活動において期待される効果ですからね!


こういった設計がなされているBMTSは、とても優良な講座だと認定できます。


NLPer Miyamoto Yuukiでした。


ご拝読、誠にありがとうございました。


ではまた。
 

 

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の六 「変化は、非常に強力な納得体験によって起る」

  • 2017.01.12 Thursday
  • 16:27

NLPer Miyamoto Yuukiです。

ご拝読ありがとうございます。

 

NLP成功哲学で著名な 角谷亮 を研究。


最近は、インターネットで知りたい人のことを知れるのがいいですね。

フェイスブックはビジネスユースでもあるので使えます。


「角谷 亮」のプロフィール | Facebook

 


それでは、前回からの続きです。

 

NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の六 「変化は、非常に強力な納得体験によって起る」

 

それらの変化は、非常に強力な納得体験によって起こります。


納得体験は、トレーナーが提供するワークやメタファーなどです。

 

トレーナーは、「言葉」を使い、リフレーム、再コード化をすることで、参加者の「潜在的な制限」にも対応ができるのです。

「言語」はものすごい力を持っています。


私達は、毎瞬毎瞬入ってくる言語に影響されているのです。

トレーニング中に使うトレーナーの言葉は、参加者に大きな影響を与えます。

トレーナーは、せっかく参加者がパラダイムシフトしたことを台無しにしないためにも、以下のことに気をつけて参加者に話をします。

 

一次的体験には否定形は存在しないことを知り、言葉使いに気をつける。

否定は、一度のその状態を思い描いてから、削除する過程をたどるので、思い描いたことは、一次的体験に影響を及ぼします。


脳は、体験の近いものから焦点化する性質があります。

そのために、長い期間をかけてパラダイムシフトしたものに、
「もう、○○しないでください」という言葉かけをしてはいけないでください。

 

なぜなら、○○した状態を思い描き、遠い過去の体験をフィードバックするまえに、その近い体験をフィードバックするからです。

そうなれば、長い期間をかけてパラダイムシフトが、元に戻される可能性が大きいのです。


二次的体験は、自分の体験という世界を理解する、あるいは、意味を与えるプロセスです。


そこに至る前段階の一次的体験は、非常に曖昧です。


そのため、一次的体験のアンカリングは自由に行えます。

つまり、トレーナーは、参加者へフレーミングやリフレーミングをすることで、理解や意味づけを導くことができます。

 

 

 

 

このようなNLPのトレーナーの学習をしている角谷講師。

 

それでは、また次回をお楽しみに。

 

ご拝読ありがとうございました。

 

 

 

角谷亮のメールマガジンは読者28,517人

  • 2017.01.10 Tuesday
  • 10:22

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

Miyamoto Yuukiです。
NLPerです。

やはり人気講師は凄いですね。


角谷亮のメールマガジンは読者28,517人


他にも、発行者サイトという掲載があったのでクリックしました。

 

延べ14万人のメルマガ読者さんがいるみたいです。


本当に凄いですね。


やはり、NLPのパワーは違います。

 

成功したい人は、NLPを学ぶべきでしょう。

 

では、前回からの続きです。

 

NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の五 「変化の持つ大きな目標」

 

変化の持つ大きな目標、意味を知ってもらう為に、トレーナーは、トレーニング中に、未来ペースを使います。

トレーナーは、常に、以下のことに焦点をあて、トレーニングをデザインします。

・変化を起こしている人は、どんな行動を取っているのでしょうか?
・変化のプロセスは?変化の目的や価値とは何でしょう?

トレーニング中も参加者にこの質問を投げかけます。


トレーナーは参加者の学習を深めるために、トレーニング中に起こる【変化の目的、価値】を参加者に意識させることが大きな役割です。

そして、参加者にトレーニングを通じて【変化のプロセス】を実際に体験してもらいます。

適時、変化の状態をトレーナーの質問によって、抽出する作業も必要です。

そうです。トレーニングは、参加者の変化に向けて、デザインされているのです。

変化に向けて参加者がどのような状態なのか?それを適時知ることで、参加者の望む方向へガイドすることができます。

変化の目的・価値を知ることはなぜ重要なのでしょうか?

それは、変化の目的を持たなければ、体験が強化されないため、学びは深くならないからです。

トレーナーは変化の目的を参加者に未来ペースで導き、アファメーションさせることで、トレーニングの効果を高めます。
そして、目的を念頭に置いてトレーニングをスタートさせます。

人が、変化を起こすプロセスでトレーナーが提供する工夫点は、

・非言語からの言語化の過程を体験してもらい
・左脳、右脳の昨日を両方刺激する作業を入れ
・知覚位置の変化を促す行動を取ってもらう
・VAKをたくさん使い、複合的なコード化を狙う
そういったことをワークに組み込むことです

とにかく、脳への刺激は多方面からたくさんあればあるほど、学習効果があがります。

過去にラベル化された観念を出し合うグループシェアも有効です。
それは個人個人が違った一般化されたものが表面化している状態です。

人は、他者と影響せずにはいられない生き物です。
他人の概念と対立、比較、関連付けすることで、中立的な道を、新たにつくるようになります。

参加者が、そういった経験。連想、関連を作れる数が多いほど、早く学べます。

そこでは、焦点の拡大、シェア、連結が行われています。

トレーナーは、それを意図して、グループシェア、あるいは形成されている概念を、適時チャンクアップ、チャンクダウンする機会や質問を参加者に投げかけます。

人は、多重レベルでの影響を受けますから、情報をさまざまなレベルでチャンキングすることで、可能性が広がります。

もちろん、今までの体験も再コード化していきます。

人は、自らの体験を配列して、「ふるまい」を「理屈づけ」してきています。
その体験の配列を組みなおすことが、新たらしい成果へと今の橋を架けることです。

トレーナーが参加者に新しい概念を教えるとき重要な既知と未知をつなげる作業でもあります。


このように参加者は、トレーニングを通じて再コード化し、パラダイムシフトを起こします。

その体験が堅固なものになり、定着することを知っていれば、トレーナーとして、「新たな観念」「観念の変化」をガイドすることができるということです。

そして、ガイドの結果、参加者の「ふるまい」が変化したり、「ふるまい」の意味が変化することで、参加者のその後の行動が変わるのです。

その行動の変化が、参加者の人生にとって、意味のあるものであれば、素晴らしい体験を提供したといえるでしょう。

 

 

 

 

 

以上、NLP成功哲学 角谷亮 研究考察 其の五 でした。


メルマガ読者数をみれば、NLPの持つビジネスへの役立つチカラを感じます。

 

ビジネスで成功したい人、必携。

それが、NLPだと考えております。

いかがでしょうか?


本日もご拝読ありがとうございました。