スポンサーサイト

  • 2018.08.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    4ステップ自動成功プログラムの動作結果を調べてみた件

    • 2017.05.24 Wednesday
    • 16:36

    ニューロ言語プログラマーへ!

    Miyamoto Yuukiです。

     


    4ステップ自動成功プログラムは、ニューロ言語プログラミングがベーシックプログラムですから。

     

    ひと一倍、興味が強いことは間違いなくわかっていただけると思います。

     


    4ステップ自動成功プログラムの動作結果を探していたところ、
    メールで情報をいただきました。

    ありがたい。


    以下、いただいたものです。


    彼らは
    4ステップを経て、自動成功ツールをインストールし、
    プログラムを走らせたからです。


    自動成功システムを稼働させ、

    ほんの一部のプログラムを利用した30代サラリーマンが

    インターネット副業収入で、つい先日150万円を稼ぎました。


    プログラムの実用性を体現したことを

    講師は喜んでいましたが、それ以上に、奨学金の返済や

    奥さんの体調が優れないことを憂う30代のサラリーマンが

    インターネットでの収入獲得チャレンジを成功させ、

    望む夢や収入を自らの手で勝ち取る自信を獲得し、

    これから、望むままの成功へと一歩、また一歩と踏み出したことを喜んでいます。

     

    喜びの声がSNSでも上げられていたので、

    どこかで、ご覧になったかもしれませんね。


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    ・万年ノウハウコレクターから150万の稼ぎ人に一瞬で変身!山形県30代のヒロさん
    -------------------------------------------------------------
    【諦めずに続けてきた結果】
    先月に【100万円突破】の
    嬉しい成果報告をしたばかりなのですが!!


    なんと、早くも 
    『150万円突破』することが出来ました(*´∀`*)

    自分が一番、驚いていますね! 


    だって、普段はサラリーマンとして働いてますし 
    今まで挫折を繰り返していたノウハウコレクターだったんですから!

     

    夜勤に残業、休日出勤と時間が少ないサラリーマンなのに
    副業で150万円という成果報告が出来たことが
    本当に嬉しいですね♪  

     

    そんな、私がしてきたことと言えば、
    メンターから学んだ【正しい方法】をひたすら続けたこと!

     

    これだけで、副業サラリーマンなのに
    コレだけの成果が出ました♪ 


    嬉しすぎて、興奮が止まりませんね!

     

    だって1ヶ月ちょっとで、この成果は
    サラリーマンで言えばボーナス分くらいにはなりますよね♪

     

    これから、7月には家族での旅行
    8月には結婚10周年とありますが、
    盛大にお祝いができそうですよ〜〜(*゜∀゜*)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    自動成功システムを稼働させ、

    喜びの声を上げているのは、ヒロさんだけではありません。

     

    月収13万円で家族5人を養い、

    我慢をすることがさも人生であると言わんばかりの生活から

    マイホームを建てる夢を実現した五十嵐さんも

    システムを稼働させ、一部のプログラムを利用するだけで夢を叶えています!


    その秘密はこちらで無料で紐解かれています 

     

    成果が出たプロセスをノウハウ化・コンテンツ化してきた実績


    ●行動分解という手法 
    ●結果の差を生む重要ポイント≪行動の核(コア)≫への焦点化
    ●そこからの必要パーツの肉付け 

     

    こういったプロセスで、ノウハウのマニュアル化・コンテンツ化。

     

     

    もちろん、手法が他にもあり、目的に合わせて変えますが


    結果を生み出した行動とその進行をモデルとし、
    同じ結果を望む人がモデリングする為に
    エレガンスの原則が重要だというで、
    核≪コア≫への焦点化を意識。


    (※エレガンスの原則・・・・
     あるタスクに役立つもっとも価値あるモデルは
     パターンや区別の数を最低限に抑え、
     なおかつ 目的の遂行には充分なものであるという考え方)


    しかし、これだけだと、スキル・知識・経験・価値観の差異など吸収できません 
    そこで、ノウハウのマニュアル化・コンテンツ化には肉付けが必要。

     

    まず、成果のでた戦略や方法をマニュアル化(行動の標準化)することを目指すなら
    手始めに、行われた作業や行動を時系列で並べます。 

     

    実は、それだけでは不十分です。

     

    ABCということをして、状態αが状態βに変化した。

     

    つまり、状態αから状態βという結果になった。


    その時、表面上だけの行動や作業ABCだけを見るのではなく
    実行者の経験、スキル、知識、マインドなども考慮し
    さらに、ABCを行っている最中の感情や思考にも考えをめぐらせます。

     

    これが、状態αから状態βになるまでの行動、パーツを
    分解していく作業です。

     


    例えば、
    インターネット収入でゼロからスタートした人が1成果目を出す行動の数々を割りだすイメージですね。

    さらに、ここへ近い将来に役立つ学び、
    モチベーションの維持・・向上に役立つエッセンス、
    行動の核(コア)部分を実行可能にする為の技能の習得、スキルアップ、練習や知識、
    核(コア)と次の核(コア)の架け橋、
    重要なポイント、繰り返しやるべきパターン化すべき行動などは
    無意識のレベルで実行可能になるように、肉付けしていきます。


    それを、実験やモニターテストからのフィードバックから、さらに汎用性がでるように 
    パターン認識し改善・強化します。

     

    違うジャンル・手法でも、
    実際に成果がでたモデルからノウハウ化・コンテンツ化でできている


    幅の広さを感じていただけるかも

     

    4ステップ自動成功プログラムの情報はクリックすればわかります。

     

     

     

     

    プログラムのほんの一部だけを利用しても、主婦の方をはじめ成約を伸ばしています。


    プログラム開発のモニターテスト、実験の結果や
    プログラム開発元となったモデルとは?

    プログラムのモニター仕様から続々成果者が出ています。


    もうすぐ獲得報酬額が100万円を達成間近
    POKEさん(会社員 30代 東京都 )

     

     

    6月は初月の10倍の成果が出ました。
    イノチャンティさん(会社員 20代 鹿児島県)

     

     

    なんと日給20万達成!101.2万円と記録更新
    O.Gさん (会社員 20代 東京都)

     

     

    犬の散歩をしている間に成果がでました。22万円!
    K・Yさん(自営業50代 大阪府)

     

     

    1ヶ月かからずに成果が出ていました
    C・Kさん(主婦 東京都)

     

     

    この2日間の報酬は「日給に換算すると32,000円」
    R・Kさん(30代 女性 デザイナー 北海道)

     

     

    女子医大生の初成果11万円 
    S.Aさん(30代 女性 京都府)

     

     

    日給3万2千円達成しました!
    K.Hさん(20代男性 会社員 近畿)

     

     

    放置してたのに稼げちゃう!?
    A.Mさん(30代女性 パート 埼玉県)

     

     

    言われたままやっただけなのに。
    O.Kさん(20代男性 専門職 神奈川県)

     

     

    成約に直結!iesプログラムの特徴。1クリックで1成約〜
    R.Aさん(30代男性 会社員 東京都)

     

     

    稼げるイメージを強化して月収100万等、目標達成へ!
    K.Hさん(40代男性 会社員 神奈川県)

     

     

    ブログ書いただけで成果ラッシュ!
    H.Mさん(60代 主婦 埼玉)

     

     

    孤独とサヨナラ。インターネット収入は仲間と一緒にやれば
    成功しやすい・稼ぎやすい。

    Y.Hさん(40代 男性 自営業 千葉)

     

     

    ありがたいことにアフィリエイト実践1ヶ月目から 
    1万円を突破する成果を出すことができました
    M.Yさん(20代 女性 会社員 千葉県)

     

     

    以前、他で失敗してきましたが、
    6.3万円!!の結果です。僕にとっては、費用対効果抜群です(笑)
    それに仲間もできて最高ですね!
    うなさん(30代 男性 ミュージシャン 神奈川県)

     

     

    2ヶ月目のチャレンジは、5.6万!!
    たった2か月目でこの成果ですよ!?
    ありえなくないですか??
    そして、3ヶ月目にして11万円達成!
    K.Hさん(20代男性 会社員 大阪府)

     

     

    初成果3.2万!! の成果を出すことができました!
    しかも、2ヶ月目は9万円に!!
    H.Sさん(20代女性 会社員 神奈川県)

     

     

    1ヶ月めに引き続き、結果的に2.4万!! の報酬が発生していました。
    伸びに伸びて7.4万円!!
    KYOさん(30代 男性 会社員 静岡県)

    K.M.さん(30代 男性 会社員 千葉)

     

     

    副業アフィリエイターとして【550,980円を獲得しました。】
    iBSAさん、そして多くの仲間と共に活動できたことが本当に大きいです。
    これからもガッツリやっていきます。
    デラさん(30代 男性 会社員 千葉)

     

     

    副業アフィリエイターとして【1,815,633円を獲得です】
    これもiBSAさんや仲間のおかげです^^
    keiさん(30代 男性 会社員 東京都)


     

    以上、私が調べた範囲での4ステップ自動成功プログラムの動作結果となります。

     

    参考になれば幸いでございます。

     

     

    【ニュー プロ お金持ち】4ステップ自動成功プログラムとは?

    • 2017.05.15 Monday
    • 17:33

    こんにちわ。
    Miyamoto Yuukiです。

     

    いいですね。

     

    ニューロ言語プログラミング・自己啓発・成功哲学が あなたをお金持ちにする。

     

    特に、ニューロ言語プログラムが中心になっていて最高です。

     


    自己啓発・成功哲学を、ニューロ言語プログラミングの切り口で解明してくれているのも素晴らしい。


    成功哲学×自己啓発×ニューロ言語プログラミングの研究から生まれた産物のひとつ。

     

    それが、4ステップ自動成功プログラムということなんですね。

     

     

    アウトカムを無意識にインストールすれば、
    成功は自動と言えます。

     

     

    巨大なパワーの無意識が、アウトカム達成を後押ししてくれますし、
    24時間、ずっと、アウトカム達成に関してサーチしている状態ですから。


    アウトカムを、成功やお金持ちになることに設定すればOKということです。


    それを可能にするのが、ニューロ言語プログラミング。

     


    その為に、アウトカム志向を第4ステージするという考え方がすっきりしました。

    ある意味、今まで考えていたことについて、霧が晴れて視界が明瞭になった感覚です。


    なるほど!


    アウトカム志向を無意識的有能力にすることが自動成功と表現できます。

     

    その焦点化は、引き寄せの法則に乗っ取り、成功が外からやってきます。


    アウトカム outcome 外から来るものですから!

     


    能力の第4ステージにもっている為に、
    8フレームアウトカム設定や、アウトカムに関わるワーク
    アウトカムについての学習など、

    とくなく、アウトカムについて触れまくる!!

     

     

    アウトカム志向をフォース・ステージ・オブ・アビリティへ


    これで、成功への扉が開きます。

     

    開眼!

     

    まさに、シークレット・オブ・サクセスとは、このことです。

     

    【ニュー プロ お金持ち】でニューロ言語プログラムを学びましょう!

     

    4ステップ自動成功プログラムを使い、お金持ちになりましょう!

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学


    本当に、画期的で凄いですね!!

    ニューロ言語プログラミングが成功に効く理由は?

    • 2017.05.05 Friday
    • 14:17

    ニューロ言語プログラミングは、成功者が利用しています。

     

    特にビジネスの分野では、就職に有利になったこともあるとか。

    また、スポーツや医療、政治の分野でも、活用されています。

     

     

    私が、効果を感じるのは、ニューロ言語プログラムによる内相表現の書き替えです。

     

    過去であれば、過去の利益を書き変える事で成功に役立てることもできますし。

     

    リフレーミングやフレームなど、言葉の力の影響で内面に介入が起こるメカニズムがパワフルだと考えています。

     

     

    特に、リーディングしたことをAs-If Frameでメンタルチェックできたり。

    As-If Frameでの質問で、より開かれた可能性を自分や他者に与えることができます。

     


    Psychology Wikiによると
     

    Hans Vaihingerの1911年の論文Philosophie des Als Ob (「If As As」のような)を取り入れた、非常に一般的なニューロ言語プログラミングの前提 条件 (技術的にしばしば「フレーム」またはコンテキスト再構成フレームと呼ばれる)です。

    この枠組みの目的は、自分や他者に関する限られた信念のために、一般的には利用可能ではない、内部的に可能性やアイデアを探求することをより容易にすることです。 求められている特定の効果は、プロセスにおける既存の概念的世界観を脅かすことや挑戦することなく、代替可能性を探索する目的で人の限定的な信念を一時的に脇に置くことができるようにすることです。

    したがって、「as-if」は、品質の低下なしに、より迅速な作業と情報収集を可能にし、内部抵抗を低減または回避するために使用される技術を可能にする、 ニューロ言語プログラミングの一般的なファシリテータです。 こうして回避された制限的な信念は、もし有用であれば、後で返すことができる。 しばしば、「現状のまま」のフレームだけで、人が現在の限界を超えて移動する方法を想像し始めるのに十分です。

    私の気持ちを私のパートナーに伝えることはできません
    しかし、もしできれば、あなたは彼らに何を知りたがっていますか?
    クライアントは、現時点では、通常、問題の中心を論じるか(解決する能力を一切否定することではなく)、あるいはより一般的には、彼らは何を言いたいのかと自発的にそれが言える方法を検討し始めます。 どちらも、クライアントが自分の問題を解決するために積極的なステップと見なされます。
    これはさらに直接的に行うことができます:

    私はこの詩を覚えることができる誰も知らない
    しかし、もし彼らができるなら、あなたは彼らがそれをやるかもしれないとどのように思いますか?
    まあ、彼らは.....
    ここでも、「現存する」フレームの目的は、能力と知識の平らな否定を超え、実現可能な方法や問題の幅広い性質を考慮する創造的なアプローチを採用することです。 これは、クライアントが以前には不適切であった可能性の低い前提を参照することなく、新しいアイデアをブレーンストームして生成することを促すので、しばしば生成的アプローチと呼ばれます。
    「As-if」フレームは、通信を改善するためにも使用されます。

    意味が受信者の目にあるのは真実ではないかもしれません。 受信者が間違っている可能性があります。 しかし、受信者があなたのことを理解し、あなたのものではないということを理解することが重要であるという根拠に基づいて作業する場合、たとえ言語学的な体操[柔軟性]があっても、実際のメッセージを聞き取り、 ]が必要です。
    これはニューロ言語プログラミングの中で要約されています。あなたのコミュニケーションの意味は、あなたが得る反応です。 何が重要かのように行動すれば、あなたが実際に言ったことではなく、あなたが知っていると感じるものであるなら、あなたのコミュニケーションがより効果的になる可能性があります。


    It has been suggested that this article or section be merged into Philosophy of As If. (Discuss)
    "As if" is an extremely common Neuro-linguistic programming presupposition (technically often called a "frame" or context reframe), which draws upon Hans Vaihinger's 1911 paper Philosophie des Als Ob ('Philosophy of As If').

    The intent of this frame is to make it easier for a person to explore possibilities and ideas internally, which would usually not be as available to them due to their limiting beliefs about themselves or others. The specific effect sought is to allow a person's limiting beliefs to be temporarily set aside for the purpose of exploring alternate possibilities, without having to threaten or challenge their existing conceptual world-view in the process.

    Thus "as-if" is a commonly-used facilitator in NLP, to allow more rapid work and information gathering, without loss of quality, and a technique that may be used to reduce or avoid internal resistance. The limiting beliefs thus avoided can be returned to later if useful. Often the "as-if" frame alone is enough to encourage a person to start to imagine ways they could move beyond their present limits.

    I can't tell my partner how I feel
    But if you could, what would you want them to know?
    The client will typically at this point move away from "I can't", towards either discussing the heart of the problem (rather than just a blanket denial of their ability to solve it), or – more commonly – they will start to identify what they would wish to say and spontaneously begin to consider ways that it could be said. Either would be seen as a positive step towards the client learning to solve their own problem.
    This can be done even more directly:

    I don't know anyone who could memorize this poem
    But if they could, how do you think they might do it?
    Well, I suppose they would.....
    Again the intent of an "as-if" frame is to move beyond a flat denial of capability and knowledge, and engage instead a creative approach to consider ways it might be achievable or the wider nature of the problem. This is often called a generative approach, as it encourages the client to brainstorm and generate new ideas without reference to possibly inappropriate prior assumptions of inability.
    The "As-if" frame is also used to improve communication.

    It may not be true that meaning is in the eye of the recipient. It may be that the recipient is mistaken. But if you work on the basis that the recipient's understanding of what you say (and not yours) is the important one, it will guide you to communicate in a way that gets the actual message across and heard, even if linguistic gymnastics [ie flexibility] are needed to do so.
    This is summed up in the NLP saying, The meaning of your communication is the response you get. If you act as if what matters is what they perceive you said, not what you actually said, then it is likely [although not definite] your communications will become more effective.

    http://psychology.wikia.com/wiki/As-if_(NLP)

     

     

     


    この言語による影響、相手の体験を再コード化することは
    使い方を知れば、成功に役立つツールとなります。

     

    フレームの変化は、物の見方や感じ方の変化と捉えるとわかりやすいでしょう。

     

     

    そして、相手に受けいれやすいのが、As-If Frameだと思います。

     

    もし、何々だとすると・・・?

    このような質問は、抵抗なく相手に介入できる方法の一つです。

     


    人は、変化に抵抗することがあります。

     

    それを上手に避けているように進み、実は相手の脳内では変化が起こり始めます。

     

    ネガティブからポジティブへ。

    問題志向から、アウトカム志向へ。

    ゼロの状態から、購入検討の状態へ。

     

    いろいろです。

     


    こういったフレームを学ぶこと自体が、あなたに成功に役立つ引き出すを増やすことになります。

     


    ニューロ言語プログラミングで成功を目指しましょう。


    金持ちになるぐらいが目標なら、そんなものはたやすく実現します。

    余裕です。


    3年は学んでください。

    石の上にも3年といいますから。


    それで、億万長者を目指せる能力を有するなら、価値があると思いませんか?

     

    ニューロ・言語・プログラミングで能力の第4ステージへ

    • 2017.04.12 Wednesday
    • 18:07

     

    職人芸、プロ、一流と呼ばれる人は、必要な能力を第4ステージへ引き上げていると言えます。

     

    ニューロ・言語・プログラミングは、加速学習の分野で使われます。

     


    つまり、ニューロ・言語・プログラミングを使って、


    あなたの分野での成功に必要な能力を第4ステージへ引き上げることが、加速的な成功と生むということですね。

     

    能力の4つの段階については、ウィキペディアにこのように紹介されています。

     

     


    学習の4つの段階は学習のモデルを提供します。

    それは、個人が当初知っていなかったか、または無能を意識していないことを最初に意識していないことを示唆しています。
    彼らは無能を認め、意識的に技能を身につけ、それを意識して使う。
    結局のところ、スキルは意識的に考えなくても利用できます。
    個人は無意識の能力を獲得したと言われます。 [3]

     

    能力の4つステージ

     

    第1ステージ:無意識の無能
    個人は、何かをする方法を理解していないか、または知っておらず、必ずしも赤字を認識していません。 彼らはスキルの有用性を否定するかもしれません。 個人は、次の段階に進む前に、自分自身の無能と新しいスキルの価値を認識しなければなりません。 [2]この段階で個人が費やす時間は、学習する刺激の強さによって決まります。 [3]

     

    第2ステージ:意識不全
    個人は何かをする方法を理解していない、または知っていませんが、赤字に対処する新しいスキルの価値と同様に、赤字を認識します。 間違いの作成は、この段階での学習プロセスに不可欠なものとなり得る。 [4]

     

    第3ステージ:意識的有能力
    個人は、何かをする方法を理解しているか、知っています。 しかし、スキルや知識を証明するには集中が必要です。 それはステップに分解され、新しいスキルの実行に重い意識的関与があります。 [3]

    第4ステージ:無意識的有能力


    個人は、「第二の性質」となって容易に実行できるスキルを持って、多くの練習をしています。 その結果、別のタスクを実行しながらスキルを遂行することができる。 個人は、いつ、どのように学習されたかに応じて、他人に教えることができます。


    https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=https://en.wikipedia.org/wiki/Four_stages_of_competence&prev=search

     

     

    自分と違う分野の人を「人間業じゃないよね!」と感じるのは、
    想像も付かないスキルを第4ステージで使っているからです。

     


    自分と同じ分野の人を「あの人は才能がある!人とは違う!」という感じる多くは、
    その人は、自分より多くのスキルを第4ステージで使っているからです。

     


    体験で言うと、意識的に使うスキルの10倍20倍のスピードになるのが、
    無意識レベルでスキルを使えるようになることでしょう。

    ※スキルの種類によりますが。

     


    この10倍のパフォーマンスを見て人は、努力もせず、降伏するんですね

     

    「あの人は天才だもの・・・」

    とか

    「才能だわ・・・」とか

     

     

     

    しかし、能力の4つステージのことを知っていれば

     

    「あの人は、あのスキルを能力の第4ステージにするまで練習したんだね」

    とか

    「あの人は、この分野の多くのスキルを能力の第4ステージにするまで反復したんだね」

     

    と、とらえ方が変わります。

     

     


    「成功するのは才能が必要」「お金持ちになるには、ビジネスの分野の天才だけ」とか

     

    こういった夢を諦める考え方もかわります。

     


    「えっ成功したいなら、成功に必要なスキルを能力の第4ステージするだけよ」

     

    とか、

    「金持ちになるなんて簡単、必要なスキルを能力の第4ステージすりゃいいじゃん」


    とかね。

     

     

    しかも、ニューロ・言語・プログラミングを使って、速くすれば

    速くそうなれるっていうことを知っていると、強い。

     


    大人になってみる夢、目標は、大抵、ニューロ・言語・プログラミングで達成できるよ。
    早くね。

    ニューロ言語プログラミングについて

    • 2017.04.05 Wednesday
    • 16:58

    Miyamoto Yuukiです。

     

     

    ニューロ言語プログラミングについて語ります。

     

    本当に凄いですね。

     

    このプログラミングを知ってから人生が変わりました。

     


    脳に、言語を使って、プログラムをインストールできます。

     

    まぁ、上書きや変更もできます。

    厳密には、選択肢を増やしているというほうが適切か。

     


    もちろん、非言語的なアプローチも含むわけですが、
    結局、相手の脳内で、体験⇒言語、ラベル化に進むので、
    そいうった意味で、ひとくくりで、【ニューロ言語】と言っていいでしょうね。


    人は、様々なプログラムがフィルターとなって、情報取捨選択をしたり、
    過去の体験からできたプログラムで自動反応してます。


    成功するか、成功しないかは、このプログラムによります。

     

     

    言い方を変えれば、成功に役立つプログラムをインストールすれば、
    成功するのは当然だということですね。


    巷で言われる自動成功する感覚はこのことかもしれません。


    成功に必要なスキルを、能力の第4ステージにするだけ、そして

    特に重要なのが、アウトカム志向を第4ステージにすることだと角谷亮氏は言っています。


    フォース・ステージ・オブ・アビリティ

     

    これは、無意識的有能力にスキルが向上することです。


    無意識レベルに、スキルの発動、のりこなしをインストールすればOK.

     

    先ほども言ったように、プログラムをインストールするのに必要なのが、
    ニューロ言語プログラミングの技法なんですね。


    なぜ?ニューロ言語プログラミングを使いたいと考えるのか?

    それは、成功を思いのままにする為だと思います。

     

    ニューロ言語プログラミングについて学びたい人はこちら

     

    いいですね。

     

    成功の鍵が手に入ります。

     

     

     

    JUGEMテーマ:成功の秘訣