スポンサーサイト

  • 2018.08.31 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    iBSA無料塾の学習パラダイム

    • 2018.08.31 Friday
    • 17:58
    iBSA無料塾が人気の為、偽者も出回るほど。

    偽者のコミュニティには気をつけてください。

    まぁ、人気になると、この手のことは付き物ですが。




    ●iBSA無料塾で活躍する信用できる先輩を頼りにしたり

    こばやんさんとか

    iBSA無料塾に入ったらやってほしいこと、まずは自己紹介!!



    ●キチンと、iBSA無料塾の公式系情報からのガイドで進みましょう。

    iBSA塾(イビサ無料塾)が、イイ収入をガイド


    iBSA公式ブログ


    iBSA無料塾公式ブログ/角谷亮






    ■iBSA無料塾の学習パラダイム

    このように設計されています。

    塾生が入って、学習を進めることで、
    受講生アウトカムに、何が起きることを見るか?聞くか?体感するか?

    このことを設定します。


    これは、ニューロ言語プログラミングアウトカム設定のやり方です。


    そして、プロセスとしての要素を設計します

    受講生アウトカムをどのような課程を経て達成するのか?

    どうやって必要な学習が発生するか?

    学習を加速する為の受講生の好奇心をどう引き出すか?
    また、何を持って探究心、失敗を恐れない練習、安全性を導出するか?
    他にも魅力を感じられる状況をつくるには?


    こういった設計をしていきます。



    アウトカムを達成する為に、プロセスを支える要素は何が必要か?

    環境、理論、情報とはどんなものか?

    そこに、iBSA無料塾のコミュニティ、ガイド、掲示板、
    無料マニュアル、イベント、情報提供などが設計によって用意され提供させれています。

    主要な要因として、先輩や仲間との交流プロセスそのものを重要なものとします。




    設計者である角谷亮先生が、人が学ぶことについて、どのような前提を持つかが反映されます。

    人はどう学び、学習した情報を統合し、実践するかが、設計の基盤となるからです。



    ●人が学びを促進する要素は、

    ・互いの価値観を認め、尊重する姿勢(先輩、後輩の楽しい交流機会)
    ・お互いに学び合えるオープンな雰囲気(挨拶、自己紹介の重要性)
    ・安全性という基盤
    ・可能性を探求することを支え、励ます文化
    ・徐々にステップバイステップで発展しながら学ぶ仕組み
     そこには、予想的で、嬉しい感情が発生して、洞察や気づきがあります。


    設計者がこのようなことを学び、実践しているがゆえに

    受講生後のプロセスが、しっかりしたものになっているのです。

    メンバーは自分のやっていることを再考する機会がたくさんあります。
    学んだことをアウトプットする機会も1つです。

    そして、たくさんのメンバーの成果報告、自分の成果体験から、
    起きたことから一般化が導かれ、ノウハウや理論へとつながります。

    情報とプロセスを関連付けられることは、学ぶ動機になります。
    受講生は、自らの人生に何らかの関係性やつながりを感じれるから学習の駒を進めることができます。



    iBSA無料塾から、有料コンテンツまで、このようなプロセスや設計原理によりデザインされています。

    それが、膨大な報告と人気を支えているのです。



    iBSA無料塾の意味、ビジョンや目的とは?

    • 2018.06.11 Monday
    • 20:00
    iBSA無料塾の人気はあいかわず良いですね。

    無料メンバーからの成果の報告も多く、数年間続いています。

    そのせいか、入った人が成果がでていないことに焦りすぎる弊害が唯一の欠点か。


    成果がでないと嘆く変わりに、成果がでている先輩メンバーさんに教えてもらうほうが建設的です。

    そのあたり、iBSA無料塾では、教えてもらいやすい設計になっています。


    それは、まさに、ビジョン目的があって、iBSA無料塾が設計されている証です。

    そして、それが、存在する意味となります。


    社会性、関係の中で生まれる意味こそ、意義のある存在価値という定義ができますね。




    iBSA無料塾の意味

    ・テクニックや成功ノウハウを超えたものを成し遂げる設計

    ・コミュニケーションや理解すること、変化の次のレベルへ進むこと

    ・パターン認識、パー単化など、メタレベルで設計されていることで、
     効果的なノウハウ学習を支え統一するプロセスを探れる!

    ・メンバーは、ニューロ言語プログラミングによって
     より大きな潜在力を発揮できるようになります。
     選択肢の拡大、振る舞いや思考の柔軟性と創造性の新たなレベルを構築しながら、
     成功のパターンを実行できるようになる!




    ■iBSA無料塾のビジョン・目的

    それは、パラメータをマッピングするではないか?
    以下のものを、メンバーそれぞれの成功地図に組み込むことがそれにあたりそう。


    ・価値とは、メンバーが成功する為の原動力であり、モチベションである。
     それは意識と無意識の両方に関係するものである。

    ビジョンとは、理想であり、目的や意義という意味を含みます。
     それは、iBSA無料塾の方向を設定します。
     無料塾メンバーが成功に向けて変化に対処するための強力なツールといえよう。

    iBSA無料塾のミッションは、上記のビジョンをどう行動に移すか、ということに関わっています。

    ・パラメーターをマッピングすることは、
    モチベーションの維持、アップや、意思決定や決断・決意、そてい計画・準備など
    成功ノウハウを学習のあらゆる分野で思考に影響して行動を形成します。

    つまり、iBSA無料塾メンバーが脳内に成功マップを作ることで、
    成功にたどりつく思考をし、その結果、成功にたどりつく振る舞いをし続け、
    それが、成功という状態を形成するということです。


    価値やビジョン、ミッションは、メンバーを成功させる構造であり、
    そのことが、設計段階で考えられています。




    これが、iBSA無料塾のビジョン、目的、意義や意味からの考察です。

    参考になれば幸いです。




    iBSA無料塾の評判。問い合せが少なくない理由

    • 2018.05.18 Friday
    • 12:50
    iBSA無料塾の評判が良いのは、

    やはり設計者が、時制と人の学習について知識があることですね。


    記憶の画像として時が止まっている場合、時が流れていません。

    それが複数あれば、その間がありますが、まだ時は動いていません。


    それが、動画が、流れがある記憶であれば、それは時間があります。


    その時間の中で、ゴール達成の計画が強化されます。


    フェイスブックは、タイムラインがありますね。


    そういった流れる時間の中で、学ぶ機会があることは、素晴らしいことです。


    このことが、時制を知らないことで学習が進みにく、多くの被害者を救っています。


    それも、問い合わせが多い理由ですね。



    iBSA無料塾は、そういったバックグランドをもつ設計者のおかげで評価が高いですね。

    納得です。


    iBSA無料塾はこちらから。

    iBSA無料塾は、メールマガジン、SNS,掲示板、ノウハウ・ツールを無料提供中!




    無料塾に入った人から、成果の報告が発表されています。

    それを見て、まだ成果を出していない人が焦っていることも多いですが、

    じっくり成果がでてもいいです。


    焦るということは、よほど、多くの人が成果を出している現われですね。




    iBSA無料塾の評判をメタモデルの質問をしながら評価する。

    • 2017.11.08 Wednesday
    • 14:26

    自分のアウトカムを設定すれば、何を知りたいかが分かります。

    どのような成功をしたいのか?

    どのようにインターネット収入を獲得したいのか?

    アウトカムの明確化します。

    そして、アウトカム達成の為のリソースとして、どんな情報が欲しいかが決まります。


    例えば、iBSA無料塾の評判を見ながら、自分の内的会話に注目します。

    読んでは、内的対話する時に、メタモデルの質問をすると良いでしょう。


    望むものが見えてきます。


    iBSA無料塾のどういったところが活用ポイントなのか?

    iBSA無料塾がどういったものであれば使うべきなのか?


    そんなことが見えてきますね。

    メタモデルは、ニューロ言語プログラミングを学習していると出てきます。


    質問の一つとして、読心術がありますね。

    ●●に違いない!とか、●●は●●だと考えているとか、
    メンバーや製作者、提供者、あるいは情報掲載者の意図を読んでいるようなときです。



    「なぜ、そのように思うのですか?」

    「そう思う証拠はなんですか?」

    など、自分にメタモデルの質問をしていくのも良い経験です。


    他にも、メタモデルの質問はいろいろな種類があるので、
    たくんさんの質問を内的対話で使っていくと、自分が分かってきます。

    自分が分かるほど、成功地図が正確に描けます。



    iBSA無料塾は公式の情報「iBSA無料塾公式ブログ」なども読みながら内的対話でメタモデルの質問をしみましょう。



    あっ、私にあっている。私に必要なものだ。

    そう感じるところがあれば、無料登録、無料体験してみるといいですね。


    iBSA塾(イビサ無料塾)の登録はこちらのページになっています。



    この体験は、きっとニューロ言語プログラミングで彩られたイイ収入をガイドしてもらう経験になるでしょう。
     

    イイ収入ガイドを活用する為のディソシエーションテクニック

    • 2017.11.06 Monday
    • 11:52

    今日は、イイ収入ガイドを活用する為のディソシエーションテクニックについて書いて見ます。

    ニューロ言語プログラミングのディソシエーションを使うことで、最大の活用を目指しましょう。

    イイ収入ガイドには、たくさんのリソース(資源)が紹介されます。


    たくさんのリソースがあって、それを適切なところで使えば、効果的に成果するのは当たり前です。


    1.ディソシエートの状態をアンカリングします。

    自分を遠くから見ているイメージをして、体のどこかにアンカーを設置。

    テストして、その状態が再現されればオーケーです。


    2.問題の状態、課題があり行き詰っている状態に出くわします

    3.その状態になったら、ディソシエートの状態を生むアンカーを発火します

    4.ディソシエートで、その状態を眺めます

    5.その状態に役立つリソースにアクセスします

    6.問題の状態、課題があり行き詰っている状態にリソースを使っているところをイメージします

    上手くいっているのであれば、次に進みます

    7.問題の状態、課題があり行き詰っている状態にリソースを使っているところをアソシエートで体験します。
    遠くから見ていたイメージから、入り込んで体験イメージをするように


    8.違和感や、問題がないようであればオーケーですね。


    そうでない場合は、2から繰返してみてください。



    こんな感じで、イイ収入ガイドというリソースをニューロ言語プログラミング活用することができますね。


    ディソシエートテクニックに焦点を当てて解説してみました。



    イイ収入ガイド、ニューロ言語プログラミングに興味がある方は、過去の記事を参考にしてくだしさい。



    過去の記事→iBSA無料塾(イビサ塾) イイ収入ガイド



    ニューロ言語プログラミングって、やっぱり素晴らしいと思います。

    どんどん勉強して、どんどん身につけましょうね。


    ニューロ言語プログラミングを使いたいなら、私としてはiBSAさんのコンテンツがお勧めです。

     

     

    まずは、イイ収入ガイドから覗くといいですよ。